最新のお知らせ
space

賑やかな稲刈りになりました

9月8日、9日に会員と市民参加の稲刈りを行いました。
台風21号の被害は最小ですみましたが、うるち稲はコナギが大きく育ち、籾の数は例年より少なく軽い感じでした。
名戸ヶ谷小学校の稲刈りは、晴天に恵まれた19日の午後、5・6年生90人を越える大勢での作業になりました。みんなドロンコになりながらの楽しい時間を過ごしました。お疲れ様でした。今年の案山子が見守っていました。

*足踏み脱穀機による脱穀作業は、10月20日、21日頃を予定しますが、天候によります。(前日、当日が雨の時は延期します)

180222a.png

▲写真左:会員と市民参加の稲刈り 写真右:名戸小の稲刈り

180222a.png

▲写真:稲は天日干しです。案山子が見守っています

秋の「生き物観察会」

台風24号が接近し、時より小雨模様でしたが、子供たち参加の観察会が29日に行われました。イナゴやアキアカネ、バッタ、クモ、ザリガニなどビオトープでは生きものがたくさん活動しています。小雨が降っていたので多くの昆虫は草の下に避難していましたが、みんなで捕まえて観察しました。

180222a.png

▲写真:捕まえた生き物について会長からの説明を聞いています








space
entryend space

今年ももうすぐ稲刈りです

無農薬なので、たんぼ雑草との戦いですが、うるち田はコナギに負けました。
でも、稲はしっかりと穂を垂れています。9月8日、9日に稲刈りを行います。
体験したい方は9時時ころまでに現地に来てください。(着替えを準備してください)名戸ヶ谷小学校の稲刈りは、20日頃です。

180222a.png

▲写真左:稲の間にコナギがぎっしり生育しています 写真右:スズメ除けネットを張り、はざがけパイプ棚も完成しています。

秋の「生き物観察会」を10月20日に予定しています

シオカラトンボやイナゴ、トカゲ、いろいろなクモ、ザリガニ、カダヤシなどビオトープでは生きものがたくさん活動しています。みなさんで捕まえて観察しますので参加してください。

180222b.png








space
entryend
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11