• ビオトープ内のすべての生きものの生態系調査
  • 生きもの観察会、植物観察会、ホタル再生のための活動
  • 冬季湛水無農薬・無化学肥料栽培法による稲作
  • 総合学習の一環としての近隣小学校稲作体験への支援
  • 会報「名戸ヶ谷ビオトープだより」の発行
  • ほか、詳しくは「会の紹介」ページをご覧ください。

活動報告

2019.11.5 活動報告

台風後の脱穀作業です

台風15号でうるち米のはざがけの一部が倒壊して、作業小屋敷地内に移動しましたが、19号ではもち米のはざがけの一部が倒壊しました。その後も天気が不順で、10月21日に会の脱穀を行い、残りを木村さんのご厚意で倉庫に保管、23日に名戸ヶ谷小学校の脱穀を無事終了させました。雨が多かったので米の水分量が高くて精米ができず、藤ヶ谷ライスセンターの庇下で天日乾燥となりました。お手数をおかけしました。ありがとうございました。

11月2日、名戸ヶ谷小学校の「ふれあいの集い」が開催され、収穫したもち米で12臼の餅つきが賑やかに行われました。今年は350人の児童が杵を持って餅つき体験をしました。「杵は重たかったけれど、もちは美味しかったです」
大勢の父兄も参加し、楽しく美味しい時間を過ごしました。

*ビオトープの収穫祭は、11月9日 11時半からの予定です。田植えや稲刈りを体験された方は、餅つきもありますので11時頃までに現地に来てください。

  • 会員の脱穀作業(脱穀機を使用しています)
  • 名戸ヶ谷小学校の脱穀作業(足踏み脱穀機と唐箕での作業です)

 

  • ライスセンターでの天日乾燥
  • 名戸ヶ谷小学校「ふれあいの集い」での餅つき

2019.9.19 活動報告

好天の中での稲刈りになりました

9月8日に会員と市民参加の稲刈りを行いました。1家族と高橋会員の友人2人が参加してくれ、上手に刈れたようです。翌日早朝の台風15号で刈って干したはざがけが倒壊し、9日は復旧作業になりました。稲も倒れていますが辛うじて穂は水に浸かっていないようです。

名戸ヶ谷小学校の稲刈りは、晴天に恵まれた17日の午後、5年生54人と先生方、応援のお母さんが見守ってくれました。みんなドロンコになりながらの楽しい時間を過ごしました。お疲れ様でした。今年の案山子が見守っています。

*足踏み脱穀機による脱穀作業は、10月19日、20日頃を予定しますが、天候によります。(前日、当日が雨の時は延期します)

  • 会員と市民参加の稲刈り
  • 台風で倒壊した「はざがけ」

 

  • 名戸小の稲刈り
  • 稲刈り終了。天日干しで、杭がけもあります。案山子が見守りです

秋の「生き物観察会」

21日9時~11時で観察会をおこないます。当日は柏市内の小学校は運動会の
ようですが、市民の皆さんの参加をお待ちしています。

2019.8.24 活動報告

稲刈り体験できます

今年の会の稲刈りは9月8日(日)9時からビオトープの現地で行います。柏広報でも案内がありましたが「市民参加行事」ですので、多くの皆さんの参加をお待ちしています。ビオトープの田んぼは相変わらず深く、稲刈り時も泥んこになるので、着替えを用意してください。

  • 案山子さんも待っています

田んぼや湿地、池にはトンボやザリガニ、トカゲなど生きものもいっぱいです。
自然を観察しながら楽しめます。

  • ザリガニ池でのギンヤンマの産卵