最新のお知らせ
space

稲架掛けパイプ組み立て作業


木道沿いに刈った稲を干す「稲架掛け(ハザガケ)」をパイプで組み立てました。台風で倒れないように補強もしています。

photo01.jpg
①稲架掛けパイプの完成。

6年ぶりに名戸ヶ谷小学校児童の稲刈りです


5月の連休に田植えをした苗が育ち黄金色に実りました。今年の稲刈りは6年ぶりに名戸ヶ谷小学校の稲刈り学習が再開されました。以前は5年生でしたが元気な4年生42名と担任、校長も参加です。9日の10時半、台風で稲が倒れ前日の雨でぬかるんだ田んぼでしたが、青空の下で「稲を刈る人」「木道まで運ぶ人」「束ねる人」の連携で作業を進めました。ドロンコになりながらも1時間半程で終了し、湧水池と井戸でドロンコを洗い流しました。みんな初めての経験で楽しい時間を過ごしました。美味しい新米が待ち遠しいですね。

photo03.jpg②左:稲刈りの説明を真剣に聞いています ③右:子供たちの稲刈り開始です

photo04.jpg

④ドロンコだらけでハイ・ポーズ ⑤刈った稲を干していました。(雀が来ています)

会員の稲刈りも10日と17日に行いました。倒伏して穂から芽が出ているものがあり、刈り取りも大変です。泥が付いているので、脱穀作業が心配です。
※脱穀作業は10月中旬(15日頃)を予定しています。







space
entryend space

田植えも終了し、稲が成長しています


ゴールデンウイークの終盤5月7日、8日に会員と体験希望者の参加で「田植え」が行われました。好天に恵まれ、深い田んぼに足を取られ泥んこになりながら手植えで植えました。(もち稲は宮城県産の「ミヤコガネ」うるち稲は千葉産の「コシヒカリ」です。

photo01.jpg
①左:親子で挑戦です。②右:子供よりお母さんが頑張っています。

photo02.jpg

③左:ご主人、見ていられずこの後田んぼに入りました。④右:皐月晴れの中で作業後のお茶は格別です。



生き物観察会は大勢の参加でした


5月21日に今年の「春の観察会」が総勢40人を越える子供や親の参加で行われました。まずはザリガニやカダヤシなど水の中の生き物を網で捕獲、続いてトンボやチョウを追いかけますがなかなか捕れません。捕まえた生き物は会長が写真などで説明しました。わかったかな?

photo03.jpg①左:三角池での魚とり ②右:ザリガニ釣り場も子供たちで一杯

photo04.jpg

③会長からの説明。聞いていますか?






space
entryend
<<前の2件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11