個別記事
space
会のあらまし 会則 ビオトープだより


introduce.jpg
【名戸ヶ谷ビオトープの生まれた経緯】


名戸ヶ谷湧水地区周辺地域は、谷津の面影を残し、かつては水田耕作が行われていました。近年、この地域の都市化が進み、残されているのは、湧水付近のみとなってしまいました。
そこで柏市では、水田の一部を所有すると共に、周辺地域の地権者の協力を得て湿地のビオトープを作ることになりました。

>>参考リンク:ビオトープとは?Wikipedia

平成14年3月、環境省から補助金を得て、ビオトープを造成しました。更に、平成15年1月学識経験者、地元町会、地域の学校及び一般市民の意見により、ビオトープを管理、運営する「名戸ヶ谷ビオトープを育てる会」が発足しました。以後、柏市の協力を得て、管理、運営されています。

【名戸ヶ谷ビオトープの原則】

  • 湿地の自然として多用な動植物が生息できる場を育成する。
  • 生息、生育する動植物は、本来この地域にあるものとする。
  • 他の地域の生き物、外来種、栽培種は導入しない。
  • ビオトープは多用な生き物の生活空間であると共に、地域の人達が身近な自然に触れて、生き物との共生を考え、名戸ヶ谷小学校をはじめ地域の学校の環境教育の場になることを期待している。


【ビオトープの概要・場所】

  • 住所:千葉県柏市名戸ヶ谷671


大きな地図で見る

  • 交通:柏市東口より東武バス(1番乗り場)「名戸ヶ谷行き終点(名戸ヶ谷病院前)下車すぐ
  • 面積:約4,400㎡
  • 生き物:
  1. 湿性生物:57種
  2. 生きもの:161種(内、千葉県指定保護生物26種)
    (2013年、年間を通じて観察した生きものの種類)


【名戸ヶ谷ビオトープを育てる会の概要】


  • 会員数 46名

  • 活動内容
  1. 生態系調査 ビオトープ内のすべての生きものを調査
  2. 生きもの観察会、植物観察会、ホタル再生のための活動
  3. 冬季灌水無農薬・無化学肥料栽培法による稲作(田植え、稲刈り、脱穀などに小学生参加)
  4. 名戸ヶ谷小学校の総合学習への援助
  5. 会報「名戸ヶ谷ビオトープだより」の発行(年4回、A4、4頁カラー)
  6. ホームページの開設(http://nadogaya-biotope.com/
entryend