最新のお知らせ
space

総会を開催しました

nado160307_a.jpg

総会での高橋さんの講演会

名戸ヶ谷ビオトープも活動開始して14年目になり、1月23日に総会を開催しました。2015年の報告と2016年の計画、会計決算報告、予算案の審議と議案はすべて全員の拍手で決議されました。2部では「下田の杜里山協議会」の高橋さんによる「若い人を呼び込む工夫あれこれ」の講演、最後に懇親会もあり有意義な時間を過ごしました。

nado160307_b.jpg総会の表紙

木道の補修を行っています

nado160307_c.jpg

ザリガニ釣り場奥側と田んぼ東側の木道踏み板を更新しました。回生の里側は来年度全面更新予定なので、仮補修(踏み板を重ね張り)しています。

今年もカエルの卵が一杯です

今年は暖かい日が早かったので「ニホンアカガエル」の産卵が早く卵塊も多いです。
田んぼや水路、ザリガニ釣り場、メダカ水槽にも産卵しています。カモもたくさん来ているので、卵塊がバラバラにされていますが頑張ってオタマジャクシになり始めていますよ。

nado160307_d.jpg

メダカ水槽で産卵おんぶ状態のアカガエル雌雄
(わかりますか?)






space
entryend space

今年の脱穀作業も手作業、足作業です

10月の連休は、稲作作業最後の脱穀です。
足踏み脱穀機が2台、選別は手作業の篩いと木製の唐箕です。
籾でうるち米約280kg、もち米約190kgになりましたが、籾くずも多く混じっています。
マスクをしても鼻の中は真黒です。

151213a.jpg

(写真左)マスクしての作業状況 (写真右)脱穀が終わっても、選別が残っています

今年の収穫祭も盛大でした

11月7日、暖かい秋晴れの中で、一年間の稲作作業に感謝して「収穫祭」が盛大に行われました。
新米を利用したもちを3臼搗いて「あんこもち」「きなこもち」「からみもち」に、
お釜でのちょっと焦げた「ごはん」はおにぎりにしました。
「豚汁」や炭火での「焼きサンマ」、「焼き芋」も登場しました。
美味しいお酒や果物の差し入れもあり時間があっという間に過ぎました。
今年も長谷川さんと薗田さんの詩吟の披露で最後まで盛り上がりました。

151213b.jpg

(写真左)テーブルにご馳走が一杯   (写真右)餅の搗き方にも先生がいます

秋の生きもの観察会(柏の自然と生きものフェスタ参加行事)11月18日

予定日の17日が雨になり、18日に延期されました。
会員と一家族の参加とちょっとさびしい観察会になりましたが、参加者から一杯質問が飛びかっていました。

151213c.jpg

日本ビオトープ協会養成講座の現地見学会が「名戸ヶ谷ビオトープ」で行われました

今年度の日本ビオトープ協会養成講座が柏と仙台で開催されましたが、環境政策課より、
柏での現地見学会を名戸ヶ谷ビオトープでお願いしたいと会長に要望があり、
11月26日13名の講座参加者に現地で当会の活動状況などについて説明を行いました。

151213d.jpg

全国から集まった受講生に説明している篠崎会長(左)








space
entryend