月別過去ログ
space
1.田植え開催!

名戸ヶ谷ビオトープの看板が新しくなりました!
▲みんなでどろんこになって田植えをしました▲

  • 名戸ヶ谷小学校の田植えは、ゴールデンウイーク中の6日(金)に行われました。天気にも恵まれ、午後1時過ぎに、校長、担任の先生に引率された5年生56人が木村さんの作業場前に集合。午前中に植えた田んぼを見ながら、植え方の説明を受け、全員で田んぼに入りました。初めは、泥んこがちょっと気持ち悪いという児童もいましたが、だんだんと面白くなり、1時間弱で完了。終わりの会では、全員が「大変だけど楽しかった」。お母さんやお婆ちゃんも応援していましたよ。会からは、「成長を時々観察してください。お米を作るは大変なので、ご飯も残さず食べてください」との挨拶で終了しました。

  • うるち米の田植えは、14日(土)、15日(日)に多くの会員が参加して実施。今年も昨年に続き、育苗は藤心ライスセンターにお願いし、もち米は「宮城県産・ミヤコガネ」うるち米は「千葉県産・コシヒカリ」です。苗の生育も順調で、5日(木)にビオトープに引き取り、田んぼに仮置きしました。これまで不耕起で田植えをしていましたが、今年は稲株を踏み、均してからの田植えです。筬引き(線引き)、苗配り、苗箱洗いなどの作業もご苦労様でした。これからは、雑草との戦いです。トンボの孵化も多くなり、昆虫や鳥など生き物の活動が賑やかになります。

110405b.jpg
▲そのほか、今回の田植えのようす。▲


2.春の生きもの観察会

名戸ヶ谷ビオトープの看板が新しくなりました!
▲生きもの観察会。なにがいるかな?▲

  • 晴れ上がって爽やかな5月14日、ビオトープのビッグイベントである、うるち田の田植えと生きもの観察会が今回同時に行なわれました。名戸ヶ谷小には前もって通知済みで1年から4年生までの児童13名、父兄1名と大変大勢の方に参加頂きました。朝10時に説明を聞いて、早速子供達は手に網を持ちBゾーンの木道を駆け回りアメリカザリガニ、カダヤシ、ウシガエルやアカガエルのおたまじゃくし、スジエビ、カナヘビなどをつかまえて来ました。又松清さんが捕まえたドジョウもあり見入っていました。

  • 終わった後、松清さんからそれぞれ生物の詳しい説明を児童たちは熱心に聞いていました。
    目の前には田植えをしているおじさん、おばさん達がいて、この珍しい風景を眺めながらわずか1時間半でしたが、楽しく自然に触れ良い思い出となった事と思います。

110405b.jpg
▲一生懸命、さがしたり、しらべたり。▲

3.お知らせ

  • ザリガニ釣り場は、木道も更新しました。湧水が少なく水深も浅いので、まだちょっと釣果が少ないようです。
    暖かい日には多くの方がサキイカで挑戦していますよ。

space
entryend
1